携帯やスマホのGPS機能は家出・失踪人の捜索に使えるのは警察だけ?

GPS搭載の携帯スマホ-イメージ

「家出した娘の捜索するために携帯のGPS機能は使えないの?」

「家族が失踪してしまった!警察に捜索願いを出せば、本人が持っているスマホのGPSを手がかりに捜索してもらえるの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、携帯やスマホのGPS機能の仕組みや、警察による家出人・失踪人捜索の携帯・スマホの活用などについて、まとめてみました。

家出人・失踪人の位置情報は携帯やスマホのGPS機能で突き止められる?

スマホのGPS機能は位置情報をオフにしていれば使えないのでは?

現在はほとんどの人が、スマホまたはガラケーと呼ばれる従来型の携帯電話を持ち歩いています。

家族が家出したり、突然失踪したりして行方がわからない場合、本人が所持している携帯電話に搭載されているGPS機能を利用して、捜索できると便利ですよね。

ですが、一方ではGPS機能を悪用したストーカー事件なども発生しています。

一般的には、スマホの位置情報の設定をオフにすれば、他人がGPS機能を利用して、居場所を捜索することはできないとされています。

そのため、自分のプライバシーを守るために、スマホの位置情報をオフにしている方も多いようです。

携帯電話に搭載されているGPS機能を手がかりに、家出人・失踪人を捜索できるのは、本人が携帯やスマホの電源を入れていて、かつ位置情報をオンにしているという条件が揃った場合に限定されるというのが、一般的な常識かと思います。

家出・失踪した本人が携帯の電源を切っていても警察は捜索できる?

ですが、2014年にこの一般的な常識を覆す報道があり、話題になりました。

2014年1月に、横浜地検川崎支部から集団強姦や強盗などの容疑で逮捕された男が逃走した事件で、友人が容疑者に貸していた携帯電話の電波を手がかりにして、横浜市泉区の公園の雑木林にいることがわかり身柄を確保されたというニュースが報道されました。

このニュースについて、テレビ番組のコメンテーターである弁護士が、本人が携帯電話の電源を切っていたとしても、警察は携帯電話の場所を調べることができると発言したのです。

この発言について、

「電源の入っていない携帯でも、警察なら位置を把握することが可能って本当なの!?」

などとネット上で話題になりました。

警察が携帯やスマホの位置情報を手がかりに捜索できる仕組み

スマホや携帯電話の電源を入れていると、一定時間ごとに弱い電波を発信して付近の基地局に対して自分の端末の情報を送信しています。

基地局というのは、携帯電話の電波をキャッチしてその先の通信ネットワークにつなげる役割を持つ装置で、電柱、地下、ビルの屋上などに設置されています。

警察がスマホを手がかりに捜索することができたのは、容疑者が持っていたスマホがどこの基地局に対して電波を送っていたかを特定して、その場所付近を捜索したからだと思われます。

つまり、電源の入っていない携帯の位置がわかるということではなく、容疑者が見つかった時に携帯の電源を切っていたとしても、逃走中に一度は電源を入れていたのだと推測されます。

携帯電話の微弱電波を利用した家出人・失踪人捜索の条件は?

特定のスマホがどこの基地局に対して電波を送っていたかという情報を持っているのは、スマホ・携帯電話の事業者です。

家族が家出・失踪したからという理由で、一般の人が問い合わせても、スマホ・携帯電話の事業者からこの情報を公開してもらえることはまずありません。

警察は、捜索活動に必要な場合は、携帯電話事業者に依頼し、この情報を捜索のために利用することができます。

ただし、警察がこの情報を利用して捜索活動を行うのは、事件性がある場合に限られます。

先ほどご紹介しました、集団強姦や強盗などの容疑で逮捕された男が逃走した事件は、治安を守ることが使命の警察にとっては非常に優先順位が高い事件なので、スマホ・携帯電話の事業者に依頼して、容疑者が持っていたスマホから発信された電波の情報を捜索活動に利用したと思われます。

家出人・失踪人の捜索願いを警察に出した場合、誘拐事件などの犯罪などに巻き込まれている可能性が高いことを証明できれば、「特異行方不明者」として、積極的に捜索してもらうことができます。

その場合は、携帯やスマホから発信された電波の情報を捜索活動に使用してもらえる可能性もあります。

ただし、本人が自分の意思で家を出た場合などで、警察に「一般行方不明者」と判断された場合は、積極的に捜索してもらうことはできません。

(「特異行方不明者」と「一般行方不明者」の定義などについては、「【捜索願を出した時の警察の対応】未成年と成人では違いがある?」という記事の中でご紹介しています。)

GPS機能を利用した携帯電話捜索サービスは?

携帯やスマホから発信される電波やGPS機能を利用した捜索サービスを提供しているスマホ・携帯電話の事業者もあります。

ソフトバンクの「紛失ケータイ捜索サービス」やNTTドコモの「ケータイお探しサービス」というサービスです。

あくまでおおよその位置情報となりますが、GPS搭載のスマホ・携帯の場合は、GPSの電波を使用してより精度の高い測位ができるそうです。

ソフトバンクの「紛失ケータイ捜索サービス」では、2016年4月から位置情報検索時に電源OFF・圏外だった場合は「最後の通信を行った位置」を伝えられるように機能強化されたとか。

ただし、いずれのサービスも事前の申し込みが必要です。

事前にサービスを申し込んでいないけど、どうしても家出した家族の捜索のために必要という場合は、断られるのを覚悟で、問い合わせてみてもいいかもしれません

GPS機能を利用して家出・失踪時の捜索ができるアプリ

家族間でGPS機能を用いた位置情報を共有できるアプリもあります。

「Life360」は、GPS機能を利用して、大切な人がどこにいるのか、スマホでいつでも確認できる無料のアプリです。

メンバーの位置を地図上で確認したり、メンバーが特定の地点に着いたら通知したりする機能があります。

また、自分の身に何かあったなどの緊急時には、サークル内のメンバー全員に緊急通知を送ることができます。

災害時の安否確認や家族への連絡にも便利です。

あくまでも本人が同意の上で、本人のスマホにあらかじめインストールしておく必要がありますが、小さなお子様や、最近増えている認知症による家出の捜索などにも使えそうなアプリですね。

GPS機能で位置情報の共有ができるアプリ「Life360」

家出・失踪時の捜索と携帯・スマホのGPS機能まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、携帯やスマホのGPS機能の仕組みや、警察による家出人・失踪人捜索の携帯・スマホの活用などについて、ご紹介しました。

やはり一般人が携帯やスマホのGPS機能を利用して家出人・失踪人の捜索をするためには、事前に本人の承諾を得て、スマホ・携帯電話の事業者のサービスに登録したり、アプリをインストールしたりする必要があるようですね。

警察に捜索願(行方不明者届)を提出すれば、GPS機能を利用して、本人が持っていたスマホから発信された電波の情報を教えてもらうことができる場合もあります。

ただし、捜索してもらえるのは、本人が犯罪の容疑者または被害者である可能性が高い場合のみです。

当サイトでは、大手探偵事務所の原一探偵事務所と総合探偵社MRの行方不明捜索を専門としている部署で取材をさせていただきましたが、警察ができるのはほとんどの場合、スマホから発信された電波の情報を出すまでだそうです。

その情報を元に、実際に捜索活動を行うのは探偵事務所の役割ということになります。

行方不明者の捜索は探偵業の中でも難易度が高く、得意としている探偵事務所は少ないので、探偵事務所に依頼する場合は慎重に選ぶ必要があります。

こちらの記事では、家出人・失踪人捜索のプロとして信頼できる探偵事務所の基準を充たす探偵事務所をご紹介していますので、参考にしてみてください。

家出人・失踪人捜索のプロによる無料相談が受けられる探偵事務所一覧

行方不明者の捜索方法・家出・失踪人の探し方・無料相談ガイドの目次