「実録!犯罪列島2017」(TBSテレビ 2017年12月27日放送)で原一探偵事務所が結婚詐欺師を追跡しました。

2015年、2016年に続き、2017年の犯罪列島でも、原一探偵事務所が結婚詐欺師の実態を暴きました。

今回は、「実録!犯罪列島2017」の結婚詐欺師の手口や原一探偵事務所によるプロの捜索方法について、ご紹介します。

「実録!犯罪列島2017」で原一探偵事務所が結婚詐欺師を追跡

実録犯罪列島2017結婚詐欺師-画像

2017年12月27日(水)19時から、TBSテレビの特別番組「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島2017冬」が放送されました。

番組の依頼により、悪徳な結婚詐欺師を追跡したのは、創業42年、解決件数8万件以上という圧倒的な実績を誇る捜索のプロ、原一探偵事務所です。

参考記事:原一探偵事務所の家出人・失踪人捜索の特徴・評判・料金

原一探偵事務所のプロ集団による追跡により、ついに結婚詐欺師と被害女性との直接対決が実現されました。

結婚詐欺師の巧妙な手口

今回、被害にあった女性と結婚詐欺師はSNSで出会ったそうです。

株式会社の社長だという結婚詐欺師は、初めて女性と会ったレストランで、自分の会社で事務の仕事をしてほしいと持ち掛けます。

その後、何度も会ううちに、結婚詐欺師の優しさに惹かれるようになった女性は、自分の辛い過去も打ち明けたそうです。

この女性の辛い過去というのは、付き合っていた男性に暴力を振るわれ、流産をしたことです。

すると、男性が、女性が行けずに気にしていたという水子供養に一緒に行ってくれて、子供の名前まで付けてくれたとか。

そして、

「二人の心の中で大切に育てよう」

「●●さんのトラウマは俺が一生かけて忘れさせてやるから」

「お前のことは俺が一生守るから」

と言ったそうです。

傷ついている時に、このような優しい言葉をかけられたら、この男性を頼りたくなる気持ちもわかりますよね。

しかし、これは結婚詐欺師が女性を騙すための巧妙な手口だったんです。

女性が結婚詐欺師に騙し取られた金額は259万円

その後、結婚詐欺師は女性に「愛している」「結婚したい」などのメールを頻繁に送るようになります。

しかし、ある日、女性の元に「車上荒らしにあって、金目のものを全てとられた」という連絡が。

女性は彼を助けたい一心で20万円を振り込みます。

その後も、仕事のトラブルなどを理由に結婚詐欺師からお金を要求され、彼女はなんと総額259万円も振り込んでしまいます。

それ以降は連絡が途絶えがちになり、彼女が返済のことを聞くと、逆切れして態度が豹変したそうです。

「実録!犯罪列島2016」に登場した詐欺師も、お金を借りた後は態度が豹変し、返済を求める被害者女性に対して、「お前の息の根を止めてやる」など、恐ろしい言葉を浴びせていましたが、今回の詐欺師も酷似しているなと思いました。

参考記事:「実録!犯罪列島2016」で結婚詐欺師を捜索した原一探偵事務所とは?

しかも、彼女は結婚詐欺師の子供を妊娠してしまい、その後、流産してしまったのです。

お金を借りる前は、水子供養に一緒に行ってくれて優しい言葉をかけてくれたこの詐欺師。

お金を借りた後は態度が豹変し、自分の子供を流産した時は、産婦人科への付き添いさえも、行くと言いながら実際は姿を見せなかったとか。

彼女は警察にも相談したそうですが、「詐欺とは断定できない」と言われ、何もしてもらえなかったそうです。

原一探偵事務所が結婚詐欺師の本性を暴く

そこで、TBSの犯罪列島という番組に連絡し、原一探偵事務所の協力のもと調査が始まりました。

原一探偵事務所のプロ集団は、ETCの記録を元に、車内にカメラを内蔵した特殊車両も含めた複数の車両を使用し、犯人がアジトとして使用しているマンションと、女性と一緒に暮らしている家を見事突き止めました。

調査指揮官を務める若梅氏が華麗なハンドルさばきで犯人を追跡し、複数の車両、自転車、徒歩班などに的確な指示を出して完全包囲する過程は本当に見事でした。

原一探偵事務所の結婚詐欺師追跡作戦-画像

そして、彼が社長を務めているという会社が実在しないこと、女性には仕事中だと嘘をついてパチンコをしていたこと、一緒に暮らしている女性がいることという決定的な証拠を掴み、被害女性との直接対決を実現しました。

原一探偵事務所が所有する特殊車両を使用し、一緒に暮らしている女性とペアルックで歩く姿の写真などもしっかり撮影していました。

原一探偵事務所の特殊車両-画像

被害女性との直接対決の場では、なかなか自分の罪を認めずに「仕事でお金が必要だった」「彼女とは結婚しようと思っていた」と嘘ばかりついていた結婚詐欺師ですが、一緒に暮らしている女性とペアルックで歩く写真を見せられた時にはさすがに動揺を隠せない様子でした。

犯人の動揺を見透かしたかのように、すかさず原一探偵事務所の調査員が、二人が深夜に同じ家に帰り、翌朝も同じ家から出てくる写真を見せると、とうとう観念したようでした。

最後は、原一探偵事務所の調査員と弁護士の前で、彼女に毎月6万円を支払うことと二度と会わないことを約束する誓約書にサインをしていました。

詐欺師の甘い言葉に騙されて259万円という多額の借金を負わされたあげく、妊娠、そして人生で二度目の流産を経験し、体が弱いにも関わらず借金を返すために長時間働いてきた被害者女性。

彼女の

「人の人生はそんなに軽いものじゃない」

という言葉の重みを詐欺師はどう受け止めたのでしょうか。

結婚詐欺師の手口の共通点

今回の結婚詐欺師と犯罪列島2015、2016で登場した結婚詐欺師はタイプは違いますが、詐欺の手口には共通点があります。

  1. 婚活中の女性やSNSなどで出会いを求めている女性をターゲットとし、金持ちであることをさりげなくPR(会社社長など)
  2. 被害者女性に「一生一緒にいよう」などと結婚をほのめかす
  3. 被害者女性が心を許したところで、「仕事上のトラブル」を理由に「お前だけが頼りだ」などと泣きついて、被害者女性の優しさを利用し大金を借りる
  4. お金を借りた後は態度が豹変し、連絡が途絶えがちになる

大雑把に言うと結婚詐欺の流れはこんな感じかもしれません。

相手の恋愛感情や優しさを利用し、自分の親の病気や仕事上のトラブルなどを理由に同情を誘って自分からお金を出させるという非常に巧妙な手口を使うケースなどもあり、詐欺被害にあっても気が付かない女性や泣き寝入りしてしまう女性も多いようです。

ネット上の結婚サイトや結婚パーティー、SNSなどの出会いの場には、結婚詐欺師が潜んでいる可能性もあるので十分な注意が必要かもしれません。

被害に遭ってしまった場合、誰にも知られたくないという気持ちから一人で抱え込んでしまう気持ちもわかります。

ですが、詐欺師は非常に巧妙な手口を使うので、どんな女性でもターゲットにされた場合は騙される可能性が非常に高いのです。

「騙された自分がバカだった」などと自分を責める必要はありません。

一人で悩みを抱え込まずに、信頼できるプロに相談して解決の糸口を探ることも大切です。

一人で泣き寝入りすると、次の被害者を生むことにもつながります。

ただし、詐欺師の手口は非常に巧妙で証拠を一切残していないことも多く、今回の被害者のように警察に相談しても証拠不十分と言われてしまうケースも多いようです。

そのような場合は、勇気を出してTBSの犯罪列島という特番の力を借りるのも一つの方法です。

TBSの特番、犯罪列島の公式サイトでは、身近で起きている様々な犯罪・トラブルの情報を募集しています。

>>>TBS「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島2017冬」公式サイトはこちら

また、この番組に協力して何度も悪徳な結婚詐欺師の追跡に成功している原一探偵事務所に相談してみるのよいかもしれません。

原一探偵事務所は、結婚前に相手の素性を調査する結婚調査も行っています。

詳細を知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

>>>原一探偵事務所の公式サイトはこちら