MJリサーチ綜合探偵社の行方不明者捜索(人探し)の費用と捜査方法

家族が行方不明になってしまった時、捜索のプロである探偵に捜索を依頼したいという気持ちはあるけれど、なんとなく躊躇してしまうという方は多いのではないでしょうか。

どのくらいの費用がかかるのか、発見される可能性はあるのか、発見された後は本人にどう接すればよいのか、そもそも探偵ってなんか怪しいイメージがあるけど大丈夫なのだろうか、など不安なことはたくさんあると思います。

そこで、今回は、20年以上の調査経験を持つベテランの探偵のみが集結して設立したMJリサーチの調査員に取材を申込み、行方不明者捜索にかかる費用、具体的な捜索方法、発見された後の対応など、気になることを全部聞いてきました。

MJリサーチとは

取材の内容をお伝えする前に、MJリサーチについて簡単にご紹介します。

どんな探偵事務所?

MJリサーチは、国内大手の探偵社で20年以上の経験を持つ探偵(調査員)達が集結し、2020年に新しく設立した探偵社です。

20年以上の調査経験を持つベテランのみの少数精鋭で、クオリティの高い調査を適正な料金で提供することに徹底的にこだわっているそうです。

「誠意誠心」を企業理念に掲げ、調査の質だけではなく、依頼者の方の気持ちに寄り添い、依頼者の方がその後の人生を前向きに歩むためのサポートや調査後のアフターフォローにも力を入れているとのことです。

MJリサーチの基本情報

こちらは、MJリサーチの基本情報です。

会社名 株式会社MJリサーチ
代表 鈴木 順一
設立 2020年12月
所在地 東京都中央区新富1-16-8
公式サイト https://mj-research.co.jp/

MJリサーチの代表は?

MJリサーチ代表の鈴木氏

上の写真は、MJリサーチ代表の鈴木順一氏です。

私も実際にご挨拶をさせていただきましたが、写真のとおり、とても優しい笑顔が印象的な方でした。

MJリサーチの調査員に行方不明調査について直撃取材

MJリサーチの若梅調査員

引用元:https://twitter.com/umewh

今回、MJリサーチの行方不明者捜索について取材を受けていただいたのは、MJリサーチ創設メンバーの一人、若梅調査員です。

探偵調査員歴22年、刑事事件協力30回以上、メディア取材多数というすごい経歴の持ち主ですが、とても気さくな方で、私の素朴な質問にも丁寧に答えていただきました。

ここからは実際に取材した内容を会話形式でお伝えします。

「警察に行方不明者届を出したら安心!」は間違い

家族が行方不明になった場合、まずは警察に行方不明者届(捜索願)を出すと思うのですが、行方不明者届を出しても探してもらえないこともあるのでしょうか?

警察は事件性がない限り、積極的に捜索をすることはありません。

「特異行方不明者」とされた場合は、捜索してもらえますが、捜索範囲や人員は限られています。

特異行方不明者として扱われるのは、犯罪に巻き込まれた可能性がある場合や、自殺の意図が明確な場合だけですよね?

そうですね。

警察は各所轄の管轄のルールなどの規制が厳しいので、本格的な捜査は事件性が絡まない限り難しいはずです。

警察に行方不明者届を出したからといって安心してしまってはダメだということですね。

警察と探偵の捜索の違い

探偵の捜索というのは警察の捜索と、どのように違うのでしょうか?

警察の捜索では、「特異行方不明者」とされて事件性がある場合、捜査員の人員も確保され、Nシステムや監視カメラの映像、駅での通過記録など行政を絡ませた捜査が可能となります。

ただし、実際の聞き込み、張り込み、顔確認、追尾に関しては豊富な経験を持つ探偵には及ばないでしょう。

顔確認って、写真から顔を確認するということですよね?そんなに差があるんですか?

写真は、カメラを意識して正面を向いて笑顔で写っていることが多いですが、実際の捜索活動では、本人が笑顔でいることはほとんどなく、無表情で歩いていることや、うつ向いていることが多いです。

また、自らの意思で失踪した方は、髪型を変える、髪の毛を染める、服装のテイストをガラッと変えるなど、ご家族でさえも本人だと認識できないくらい雰囲気が変わっている場合もあります。

そこまで変わってしまうと、本人を見分けるのは、すごく難しそうですね。。

そうなんです。

写真から本人を特定するためには、顔の中でも変化が少ない耳や鼻の形で見分けるなど、コツを掴んだ上で、かなりの経験を積む必要があります。

豊富な経験を持つ探偵は、日々、顔確認の経験を積んでいるので、写真から特徴をしっかり把握して、本人を見分けることができるんです。

顔確認だけではなく、聞き込み、張り込み、追尾についても、探偵は日々、経験を重ねることによりコツを掴んでいますが、警察の方は日常的にそのような業務を行う頻度が少ないため、探偵による捜索の方が成功率は格段に高いはずです。

*MJリサーチの行方不明者捜索の方法について詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧いただければと思います。

MJリサーチの行方不明者捜索の費用は?

家族が行方不明になった時、探偵に捜索を依頼したいと思っても、高額な料金を請求されそうで不安だという方は多いのではないかなと思いますが、料金はどのように決まるのでしょうか?

基本は調査員の人件費となります。

MJリサーチでは、基本料金が44,000円、調査員1名1時間につき8,800円~です。

人員と時間によって調査料金は大きく変わりますが、依頼者様の予算に合わせることも可能です。

予算を提示して、予算内でできる範囲での捜索をお願いするということもできますか?

できます。

実際、予算が限られているという依頼者様も多いので、依頼者様の予算に合わせて、多種多様な調査を提案させていただいてます。

予算に合わせた調査というのは、例えば、どんな調査ですか?

ご依頼者様や、ご家族、ご友人の方にも捜索活動に参加していただき、捜索を行うこともあります。

ご依頼者様に参加していただく分、人員を省くことができるため、調査料金も下げることができます。

なるほど。人件費を抑えることができれば、調査料金もその分安くなるということですね!

そうですね。

あとは、状況にもよりますが、電話での聞き込み調査や、ピンポイントの場所の捜索を行うなどの工夫をして、調査料金を安く抑えながら、効率的な捜索を行うこともあります。

依頼者様が希望される場合は、本人の特徴や写真を載せたチラシを作成する、Twitterを利用するなどして、情報提供を求めることもあります。

それでも料金を一括で支払うことが難しい場合は、分割払いにしてもらうことはできますか?

基本は一括精算になりますが、クレジットカード決済ができますので、カード会社の分割払いを利用できます。

また、調査日数をまずは1日からなどと分割することも可能です。

捜索に必要な情報は?

実際に捜索を依頼する場合、どのような情報を提示すればいいですか?

できる限り多くの情報が欲しいです。

身体的特徴、普段の服装、所持品、性格、趣味、普段の行動、交友関係、思い出の場所、銀行口座、クレジットカード情報、スイカなどの情報は重要です。

交友関係や銀行口座などがわからない場合や、情報があまりない場合はどうすればいいですか?

情報が不足している場合、本人の自宅や部屋などを確認させてもらい、プロの目線で情報を収集することもできます。

本人のパソコンやゴミ箱の中身から重要な手がかりが見つかることもあります。

手がかりを掴んでから捜索をするから効率的な捜索ができるんですね。

そうですね。

行方不明者の捜索は時間との勝負なので、本人の情報をしっかり把握した上で、具体的なプランを立てて効率的に捜索を行っています。

あとは、警察からGPSや銀行口座の引き出し情報などの情報を得て、その情報を元に捜索を行うこともあります。

本人を無事に発見した後は?

無事に本人を発見した後はどうなりますか?

本人を確認した後、気付かれないよう本人を尾行していきます。

その間に依頼者様には現地に赴いていただき、本人と引き合わせをします。

探偵の方が声をかけるのではなく、依頼者と本人を引き合わせるんですか?

依頼者様と相談して決めますが、基本的には、依頼者様とご本人が自然に再会できるようにセッティングするようにしています。

依頼者様とご本人の再開の場面は、この先、依頼者様とご本人が良い関係を構築していく上でもとても大切な場面なので、依頼者様とご本人にとって一番良い形になるように慎重にセッティングをするよう心がけています。

なるほど。見ず知らずの探偵から声をかけられるより、身内の方から声をかけてもらう方が、ご本人も安心するのかもしれませんね。でも、本人を無事に発見しても、また家を出てしまうということはないのでしょうか?

家出や失踪は、複雑な気持ちが絡んで起こります。

失踪された方の中には、深刻な悩みや事情を抱えている方も多くいらっしゃいます。

本人が抱えている問題を根本的に解決する必要がある場合、本人が再び失踪する可能性がある場合は、弊社専任のカウンセラーが問題解決のためのサポートをさせていただきます。

また、家族関係に問題があるという場合は、家族問題に強いカウンセラーを紹介させていただくこともできます。

本人が戻ってきてからが一番重要です。

捜索の途中で本人が帰ってきた場合はどうなりますか?

服や貴重品だけを取りにきたなど、またすぐに失踪する可能性がある場合、依頼者様と相談の上、素行調査を行うこともあります。

その必要がなく、調査日数が残っている場合、残日程の精算も可能です。

取材後の感想

今回の取材を受けていただいたMJリサーチの若梅調査員の言葉で、一番印象に残ったのは、「本人が戻ってきてからが一番重要」という言葉です。

深刻な問題を抱えて失踪した方を発見するだけではなく、その方がその後の人生を前向きに歩めるようにサポートしたいという気持ちが伝わってきました。

また、料金をできる限り安く抑えるために、依頼者にも捜索活動に参加してもらう、電話で聞き込み調査を行うなど、さまざまな工夫をされているという点にも感銘を受けました。

家族が行方不明になってしまった時、プロの力を借りたいけれど、高額な費用を請求されそうで怖いというのは誰もが思うことだと思いますが、依頼者側の気持ちをよく理解されているんだなと思いました。

MJリサーチでは相談・見積り作成は完全無料

MJリサーチの応接室

こちらがMJリサーチの無料相談から契約までの流れです。

  1. メールまたは電話による相談(完全無料)
    MJリサーチの公式サイトから 24時間365日受付している無料相談(メールまたは電話)で、現在の状況や調査に関して気になることなどを相談します
  2. 面談(完全無料)
    ご都合の良い日時にMJリサーチの事務所(上の写真はMJリサーチの相談室です)または依頼者様のご都合のよい場所で専任スタッフが詳しい話をじっくりとお伺いした上で、見積りを作成します
  3. 見積りの作成(完全無料)
    個々のケースに応じた最適な調査方法と必要経費を含めた総調査費用の見積りが提示されます
  4. 契約書の作成(料金発生)
    見積りの内容に十分納得できた場合、契約書の作成となります。ここではじめて料金が発生します

相談、面談、見積りの作成は完全に無料で、その間料金が発生することはありません。

見積りの内容に十分に納得した場合のみ、正式な契約となり、ここから捜索が開始されて料金も発生します。

MJリサーチの行方不明捜索まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、MJリサーチの行方不明者捜索にかかる費用、具体的な捜索方法、発見された後の対応などについて取材をさせていたいた内容をご紹介しました。

最後に、今回取材に応じていただいたMJリサーチの若梅調査員からメッセージをいただきましたのでご紹介します。

家族が行方不明になってしまった際、ご家族の方はとても心配で、なにをすればよいかわからないということも多いかと思います。

そのような場合、まずは行方不明調査の経験を豊富に持つ弊社の無料相談窓口でご相談下さい。

ご家族の方もとてもご不安だと思いますが、家を出た本人が一番苦しい思いをしています。

後悔と反省を繰り返し、戻りたくても戻れない複雑な気持ちで彷徨っている方もたくさんいらっしゃいます。

ご家族が心配している気持ちを本人に伝えることが大切です。

まずは安否を確認し、その後、同じことを繰り返さないよう、本人をサポートすることが大切です。

我々MJリサーチのメンバーは、陰ながら、全力でそのサポートをしたいと思っています。

MJリサーチの公式サイトでは、24時間365日いつでも無料で相談を受け付けています。

家族が行方不明になってしまい不安な気持ちを抱えている方は、まずは相談してみてください。

>>>MJリサーチの公式サイトはこちら