原一探偵事務所に行方不明捜索を依頼したいけど料金がいくらかかるのか不安という方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな方に向けて、原一探偵事務所の行方不明捜索の基本料金、トータル費用の安さの秘密、料金が発生するタイミング、分割払いの可否などについてご紹介します。

原一探偵事務所の行方不明捜索の料金システムとトータル費用算出方法

原一探偵事務所の行方不明捜索の基本料金

原一の料金システム-画像

出典:原一探偵事務所公式サイト

原一探偵事務所の料金システムは基本料金+1日あたりの調査料金というシンプルで明瞭なシステムになっています。

行方不明捜索の費用は以下の料金がベースとなります。

金額
基本料金 40,000円
調査料金 1日あたり80,000円~

1日あたりの調査料金には、人件費、交通費、車両代、機材代、報告書作成費などの諸経費が全て含まれているため、後から追加費用を請求されることはありません。

捜索に成功した場合、別途、成功報酬を請求する探偵社も多いですが、原一探偵事務所の場合は高い技術力とノウハウでプロとして結果を出すことが当たり前というポリシーなので、成功報酬も不要です。

ただし、調査に必要な日数は個々のケースによって大きく異なるため、総額の費用はケースバイケースで大幅に異なるそうです。

原一探偵事務所では無料相談を受けた時に一人ひとりから状況などについて詳しい話をじっくりと聞いた上で、必要な日数などを算出し、トータルの見積り料金を提示してもらえます。

依頼者は、見積り料金に納得した場合のみ契約をすればOKという明瞭で安心な料金システムです。

原一探偵事務所のトータル費用の安さの秘密

原一探偵事務所-料金の安さの秘密-画像

出典:原一探偵事務所公式サイト

行方不明者の捜索を安く抑えるための大切なポイントの一つは、全国に拠点を持つ探偵事務所を利用することです。

全国に拠点を持たない個人経営や小規模の探偵社の場合、後から調査員の交通費や宿泊費まで請求されることも多く、高額になる場合が多いので要注意です。

その点、日本最大級の調査網を持つ原一探偵事務所なら安心です。

原一探偵事務所の場合、北海道から九州までの全国の主要都市(札幌、仙台、群馬、水戸、川越、大宮、千葉、新宿、横浜、名古屋、静岡、大阪、神戸、岡山、広島、松山、福岡)に18拠点を持ち、それぞれの地域の土地勘を持ち、かつ原一探偵事務所独自の高度な教育を受けたスタッフが在籍しています。

各拠点間の連携もしっかり取れているため、全国どこでも迅速なクオリティの高い捜索を行うことが可能です。

午前中に行方不明捜索の依頼を受けて、すぐに依頼者と面談をし、本人が北海道にいる可能性が高いことがわかれば、その日の午後には札幌事業所のスタッフが捜索を開始するということもあるそうです。

原一探偵事務所は日本では数少ない行方不明調査を専門とする部署を持つ探偵社としても知られていて、行方不明者の情報を集約するプロファイルを専門とする部門、現場でのローラー作戦を専門とする部門、緊急性の高い案件を専門的に扱う特別捜索部門など、高度な専門スキルを持つスタッフが揃っています。

総合的な司令を出す部門が、各依頼ごとに必要な部門に指示を出して、部門間で協力して迅速でクオリティの高い捜索活動を行っているため、結果が出るのも早く、その分トータル費用も安く済むことになります。

相談・見積り作成は完全無料

原一探偵事務所では、相談と見積りは完全に無料です。

こちらが原一探偵事務所の無料相談から契約までの流れです。

  1. メールまたは電話による相談(完全無料)
    原一探偵事務所の公式サイトから 24時間365日受付している無料相談(メールまたは電話)で、現在の状況や調査に関して気になることなどを相談します
  2. 面談(完全無料)
    ご都合の良い日時に原一探偵事務所の事務所または都合のよい場所で専任スタッフが詳しい話をじっくり聞いた上で、解決策などについてアドバイスを行います
  3. 見積りの作成(完全無料)
    個々のケースに応じた最適な調査方法と必要経費を含めた総調査費用の見積りが提示されます。
  4. 契約書の作成(料金発生)
    見積りの内容に十分納得できた場合、契約書の作成となります。ここではじめて料金が発生します。

相談、面談、見積りの作成は完全に無料で、その間料金が発生することはありません。

見積りの内容に十分に納得した場合のみ、契約書を作成し、ここから調査が開始となり料金も発生します。

原一探偵事務所では、面談時に決めた見積以外の追加料金が発生することは一切ありません。

また、契約を急がせたり、強要したりということは一切ないということなので、その点も安心ですね。

分割払いは可能?

原一探偵事務所では、クレジットカードでの精算にも対応しています。

JCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)はすべて利用可能で、現金とクレジットカードを併用することもできます。

また、クレジットカードをお持ちではない場合、ローン会社などを使用しての無理のない分割払いも可能です。

基本的には前払い制ですが、人命にかかわる場合もあるため、全額の支払いがないと動けないということはないそうです。

料金を安く抑えるポイント

原一探偵事務所の調査部の方に料金を安く抑えるためのポイントについてお伺いしたところ、早めに相談することが最大のポイントだそうです。

行方不明者捜索は3日がデッドラインと言われていて、本人が家を出てから3日以内の場合は早期に見つかる可能性が非常に高いそうです。

行方不明になってから3日以内に相談した場合、1週間以上経過している場合と比較して、半額以下の料金で済むことも多いとか。

また、失踪時の服装や所持品、その時の状況などが詳しくわかっているとスムーズな捜索ができるため、結果的に費用を安く抑えることが可能とのことです。

原一探偵事務所の行方不明捜索の料金まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、原一探偵事務所の行方不明捜索の基本料金、トータル費用の安さの秘密、料金が発生するタイミング、分割払いの可否などについてご紹介しました。

最後に原一探偵事務所の調査部の方からメッセージをいただきましたのでご紹介します。

今まで遭遇したこがない事態に直面して、どうしていいかわからない、とりあえず様子を見たいというお気持ちもよくわかります。

ですが、行方不明者の捜索は時間が経つほど、最悪なケースに発展する危険性が高まります。

行方不明者の捜索は時間との戦いになることが多いので、とにかくお早めにご相談ください。

秘密は厳守しますので、心配なことや不安なことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお話ください。

原一探偵事務所の公式サイトでは、24時間365日いつでも無料で相談を受け付けていますので、少しでも不安に思ったら、相談してみてください。

>>>原一探偵事務所の公式サイトはこちら