夫が借金を残して家出・失踪した場合の危険性・再発防止策

「夫が借金を残して失踪してしまった!自殺の危険性はある?」

「借金を残したまま旦那が家出して行方不明に。その場合は妻である自分に返済義務があるの?」

そんな悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

今回は、夫が借金を残したまま家出・失踪して行方不明の場合の自殺の危険性、妻の返済義務、再発防止策などについて、まとめてみました。

夫が借金を残したまま家出・失踪した場合の自殺の危険性

借金を残した夫の自殺の危険性-イメージ

借金を残したまま旦那が家出・失踪して行方不明になってしまった場合、自殺の危険性は十分考えられます。

事業が失敗して多額の借金を背負うことになり、自分に掛けられた保険金を家族に残そうとして自殺を考える旦那さまもいらっしゃいます。

特に本人が財布や携帯電話を家に残したまま失踪した場合は、自殺の危険性が非常に高いと言われているので、すぐに捜索を始めることをおすすめします。

借金に悩み、うつ状態になっている場合も本人が自殺を考える可能性は高いです。

参考記事:【うつ病の家出・失踪】うつで家出した夫・妻の精神状態・自殺の危険性は?

捜索の手順やてがかり、失踪した旦那さまが行きそうな場所などについてはこちらの記事にまとめていますので、参考にしていただければと思います。

【家出・失踪した家族の捜索方法と手順】手がかりになるものは?

家出・失踪した夫・妻が行きそうな場所は?

自殺の危険性がある場合は、警察に捜索願いを出すことで「特異行方不明者」として優先的に捜索してもらうことはできますが、警察にとって一番優先順位が高い仕事は犯罪捜査で、行方不明者の捜索は優先順位が高い仕事とは言えません。

警察に捜索願いを出すのと同時に行方不明者捜索のプロである探偵にも捜索を依頼した方がより早く確実に捜索できると思います。

信頼できる探偵の選び方」でご紹介しました失踪者・行方不明者の捜索を安心して任せられる5つの条件を充たす探偵事務所の一覧はこちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

家出人・失踪人捜索のプロによる無料相談が受けられる探偵事務所一覧

夫が借金を残したまま行方不明の場合、妻に返済義務はある?

借金を残した夫が失踪して困る妻-イメージ

夫が借金を残したまま失踪して行方不明になった場合、妻である自分に返済義務があるのかという点も心配ですよね。

大手Q&Aサイト「OKWAVE」にも、家出した夫の借金を返済しなければならないのかという相談が投稿されていました。

夫は家出中で、10日程家には戻ってきてません。
なので借金のはっきりとした総額等は今の所わかりません。

2年程前、借金がある事を聞かされ、総額は2社(ア○フル&レ○ク)で100万でした。
この時点で、夫が持っていた消費者金融のカードは私が管理する事にし、夫の給料から私が月々の返済をする事に決めたんです。

夫が失踪していても、とりあえず支払いはしておこうと思い、ATMへいったのですがカードが使えなくなっていたので、
きっと夫がカードを紛失したとか何とか言ってまた借入れしてるんだと直感しました。
レ○クはネットから借入残高が確認できて、現在120万。
ア○フルの方は、ネットでは確認出来なくて総額はわかりませんでした。

そして、今日やはり想像してたとおりにまた別の会社から、「今月の振込みが確認出来なかった」との通知が・・・。
この会社の借入残高は50万。
120万+50万+ア○フルの借入で軽く200万は越すのではないかと焦りと同時に諦めも入ってます。

夫は41歳なのですが20代の頃に、オ○コで車のローンを組んだそうなのですが踏み倒したと、
義理の母に聞きブッラクリストに載ってると思うのですが、なんでこんなに借入れが出来るのでしょうか?

4年ほど前にアパートを夫の名義で借りようと思い不動産屋へ行ったのですが、家賃をクレジットカードからの引落としにしなければいけない物件だったので、一度どこかのカード会社の審査を受けたのですが、その時はアウトだったんです。
なんでそんな状態で200万以上の借金が出来るのかわかる方いませんでしょうか??

そして今日、発覚した50万の会社へ明後日までに今月分を
入金しなければいけないのですが、入金した方が良いんでしょうか?

引用元:OKWAVE(http://okwave.jp/qa/q1122504.html)

借金を残したまま夫が失踪した場合、妻である自分が支払わなきゃいけないと思ってしまう方は多いようです。

ですが、旦那さまが仕事上で作った借金やギャンブルや個人的な趣味などのために作った借金については、原則として妻が支払う義務はありません

ただし、夫の連帯保証人となっている場合には支払い義務があります

金融業者から「妻なんだから支払って当然だ!」などと言われて、連帯保証人になるように契約書にサインを求められた場合、絶対に応じないようにしましょう。

また、家賃や生活費などについては、 民法第761条(日常の家事に関する債務の連帯責任)で

夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。

出典:民法第761条

と定められているため、妻にも支払い義務があります。

借金を残して失踪した夫が戻ってきた場合の再発防止策は?

夫を責める前に借金問題を解決することが大切

借金を残して失踪してしまった夫が戻ってきてくれた時、一番大切なことは夫を責めないことです。

借金の問題のせいで夫婦喧嘩になり、離婚してしまう夫婦は多いようですが、借金の問題を解決できれば、元の仲の良い夫婦に戻ることもできます。

夫を責める前に、借金を解決することを第一に考えましょう。

先ほどご紹介しました相談者の方は、失踪した旦那さまが戻ってきた後、このような投稿をされていました。

皆さん、本当にありがとうございました。
主人は12月20に帰ってきました。借金の総額は250万・・・。
やはり色々悩んだ末、任意整理する事にしました。
現在は、弁護士さんからの連絡を待っている状態です。

引用元:OKWAVE(http://okwave.jp/qa/q1122504.html)

この方は弁護士さんに相談して、任意整理をすることにしたようですね。

借金を繰り返す夫に対する効果的な再発防止策は「債務整理」

事業に失敗して多額の借金を負ってしまった旦那さまの場合でも、債務整理で借金を減らすことはできますし、また借金を繰り返す夫に債務整理はとても効果のある再発防止策だと言われています。

借金癖があった方でも、債務整理によって、しばらくの間一切借金ができなくなると、手持ちの収入の範囲で生活をやりくりするようになるそうです。

借金を解決するための債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産など、いくつかの方法があります。

この相談者の方のようにプロのアドバイスを受けることで、自分たち夫婦に一番合う債務整理の方法を見つけることができます。

「どの専門家へ相談すればいいのかわからない」という方には、全国で17,000件以上の借金問題の相談を解決した実績を持つ東京ミネルヴァ法律事務所がおすすめです。

東京ミネルヴァ法律事務所では簡単な質問に回答していくと、債務整理のプロから減額見積もりを無料でもらうことができます。

無料相談は匿名でもできますので、一人で悩みを抱え込まずに相談してみてはいかがでしょうか?

>>>東京ミネルヴァ法律事務所の無料借金減額診断

東京ミネルヴァ法律事務所

 

悪質な闇金(ヤミ金)業者からの借金取り立てに追われている場合は?

旦那さまが、闇金(ヤミ金)業者と呼ばれる悪質な業者から借金をしてしまい、法外な利息を請求されたり、執拗な取立てに追われたりしている場合もあるかと思います。

闇金業者の手口は非常に悪質で取り立ても執拗なので、精神的に追い込まれて、自殺を考えるようになる方もいらっしゃるようです。

ヤミ金は、一般人が自分で解決しようとするのは難しく、また危険も伴うと言われています。

ヤミ金業者からの執拗な取立てに悩んでいる場合は、弱い立場の人の力になりたいという信念のもとに30年以上に渡って闇金や詐欺被害などの消費者被害に取り組む「Duelパートナー法律事務所」に相談することをおすすめします。

闇金業者に対して法律を駆使しながら、圧力と交渉力を用いて、しっかり問題を解決できる頼れる弁護士事務所です。

「執拗な取り立てが1日で止まって本当に救われた」という方もいらっしゃいます。

公式サイトから無料で相談もできますので、悪質な借金の取り立てに悩んでいる方はぜひ一度相談してみてください。

>>>闇金対策専門のDuelパートナー法律事務所の公式サイトはこちら

夫が借金を残して家出・失踪した場合の危険性・再発防止策まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、夫が借金を残したまま家出・失踪して行方不明の場合の自殺の危険性、妻の返済義務、再発防止策などについて、まとめてみました。

夫の家出・失踪の原因が借金の場合、根本的な問題である借金を解決することが何よりも大切です。

どうにもならないと思っていた借金の問題もプロに相談することで、あっさり解決できたという方も多いようです。

借金を作った夫を責めたり、夫婦喧嘩をしたりするのではなく、元の幸せな夫婦に戻れるように前向きな解決策を考えることをおすすめします。

まずは、数々の借金問題を解決してきたプロに相談してみてはいかがでしょうか。

行方不明者の捜索方法・家出・失踪人の探し方・無料相談ガイドの目次